• ホーム
  • 抗生物質も効かないスーパー淋病の恐怖

抗生物質も効かないスーパー淋病の恐怖

淋菌が原因となって感染する淋病は、とても有名な性感染症のひとつであると言えます。女性の場合は無症状のことも多いですが、男性の場合は尿道が炎症を起こして尿道炎となり激痛があるケースが多く、特に男性は症状がひどくなりやすいことで知られている病気です。そのうえ、感染した状態で放置してしまうと前立腺炎や精巣上体炎が起こり、完治しなければ無精子症になってしまったり、女性の場合も卵管炎になって子宮外妊娠や不妊症になってしまったりする可能性があります。他の性病にも同じことは言えますが、淋菌に感染した場合も重症化しやすいので、なるべく早い治療が重要となるのです。

早期発見や治療が必要な淋病ですが、最近では治療に用いられる抗生物質に対して耐性のあるスーパー淋菌と呼ばれる病原菌が誕生しており、これに感染するとスーパー淋病になってしまいます。抗生物質が効かないということは、とても危険なことです。男性の場合は尿道炎や前立腺炎、精巣上体炎から無精子症へと症状が悪化していきますし、女性の場合は卵管炎から不妊症になってしまうこともあります。それだけではなく、治療することができずに死に至ってしまう可能性もあるので、スーパー淋菌に感染することは非常に危険だと言うほかありません。

実際にスーパー淋病になってしまった患者が、数年前に海外で多く発見されました。海外の中でもイギリスでの発見が多かったのですが、それ以降は他の国でも感染が見られるようになっています。もちろん日本人の中にも感染した人がいるので、決して他人事だとは言えません。海外で多い病気ならば日本は平気だと思う人もいるかもしれませんが、たとえば外国の方が日本の風俗などで夜遊びをした際に日本人女性に感染したり、海外から働くためにやってきた外国人女性が風俗で夜遊びする日本人男性にうつしたりするという可能性もあります。つまり、いつ誰が感染してもおかしくない状況があるのです。

特に女性の場合は淋菌に感染しても、症状に気づかないことが多いと言えます。不正出血があったとしても月経時に出るものだと勘違いしたりすることも多く、早期発見は難しいです。抗生物質が効かない淋菌であれば、様々な治療薬を試さなければならないので、早期発見が非常に重要であるため、出血の様子に異変を感じたら月経時のものだと思わずに病院に行ったほうが良いでしょう。男性も女性も些細なことであっても、身体に異変がある場合は医療機関を受診するべきだと言えます。

最近では、スーパー淋病は死に至る可能性もあることから、エイズよりも怖い性感染症だと言われていることも多いです。いちばんの対策方法は不特定多数の人と性交渉を行わないことですし、パートナーと性交渉を行うときでもコンドームを用いることが重要だと言えるでしょう。日々、新薬についての研究や開発は行われていますが、スーパー淋菌に感染すると医療技術の進歩があったとしても治療できない可能性がありますし、とても危険な病気です。

性交渉を行うのであれば、スーパー淋病などの恐ろしい病気になってしまう可能性も考慮しておかなければなりません。性別や年齢に関係なく、性交渉を行う人は誰でも感染してしまう可能性がありますので、注意してください。ピルなどを服用することで常に避妊していたとしても、性行為を行うときにはコンドームの着用を徹底する、複数人とは関係を持たない、定期的に性病検査を受けることなどが大切だと言えます。それでも感染してしまった可能性があるのであれば、一刻も早く治療を開始することができるようにするために、すぐに医療機関を受診するということを心がけるようにしなければならないでしょう。

関連記事
クラミジアはジスロマックで確実に治せる 2020年01月01日

クラミジアに感染した可能性があるのであれば、なるべく早く性病検査を行って、陽性であると明らかになった場合は即刻治療を進めて行くことが大切だと言えます。他の性感染症に関しても同じことが言えますが、クラミジアを放置しておくと症状がひどくなってしまうだけではなく、無精子症や子宮外妊娠、不妊症の原因となるこ...

性病の知識は風俗で働くなら必須です 2020年06月09日

性風俗を利用する男性に対する啓発は多いですが、働く女性も性感染症になってしまわないように正しい知識を持っておくことが大切です。家庭に性病を持ち帰らないようにと男性に対する警告がなされることは少なくないのですが、働いている女性からお客さんの男性に感染するだけではなく、反対のパターンでお客さんから女性に...

キスをしただけで感染すると噂の梅毒 2020年05月02日

有名な性感染症のひとつに梅毒がありますが、これは感染者の症状が出ている部分である病変部や血液、精液や膣分泌液中に原因菌が存在しています。そのため、コンドームを使用しないセックスやオーラルセックス、アナルセックスによって、病原菌が皮膚や粘膜の小さな傷から入り込んでしまうことでも感染してしまうのです。特...

ジスロマックのジェネリック、アジーでクラミジアを治そう 2020年02月06日

クラミジアを始めとするいくつかの性感染症には、マクロライド系のジスロマックがとても効きますが、このジスロマックにはジェネリック医薬品が存在しています。ジスロマックにはアジーと呼ばれるジェネリック医薬品があるので、費用を抑えたいなどの希望がある場合は、こちらの治療薬に切り替えるのも良いでしょう。アジー...

カンジダは薬を使わなくても自然に治るものですか? 2020年04月04日

カンジダは女性が感染しやすい性感染症のひとつですが、これは他の性病とは異なる特徴があります。多くの性感染症は病原菌や病原ウイルスを持っている感染者と避妊具なしでセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどを行うことによって感染しますが、カンジダの場合、原因菌はもともと身体に常在していてもおかしくな...