• ホーム
  • 妊婦がクラミジアにかかると流産や死産の原因になる

妊婦がクラミジアにかかると流産や死産の原因になる

クラミジアに感染したまま放置してしまうと重症化してしまうこともあり、性感染症は感染に気づいたらすぐに適切な治療を受けなければなりません。特に妊娠前の夫婦や妊婦さんが病気を患ったままになってしまうと、思いもよらなかった事態を招く可能性もあるので、放置することによって何が起きる可能性があるのか知っておかなければならないでしょう。妊娠前の人たちが感染した場合は不妊症になって子供を授かることができなくなる可能性がありますし、妊婦さんが病気のままだと流産や死産を引き起こす可能性があるのです。

クラミジアは無症状であることも多く、無症状の場合は病気であることに気がつかず、治療しないまま放置してしまうことも多いと言えます。ですが、体内に病原菌がいる状態でそのままにしてしまうと、男性の場合は尿道から入り込んだ菌が精巣上体まで入り込み、精巣上体炎を引き起こして無精子症になることがあるのです。女性の場合も、膣から入り込んだ菌が卵巣まで進んで卵管炎を引き起こすと卵管が正常に機能しなくなって子宮外妊娠を起こしてしまったり、卵管の内部が癒着することによって不妊症となってしまったりすることがあります。

妊娠することができたとしても、母体がクラミジアに感染していたら出産時に赤ちゃんが病気になる可能性もあります。中耳炎や結膜炎を始めとした、いくつかの病気になってしまう可能性がありますし、母体が病気のままであれば流産や死産を招くことになってもおかしくないのです。子供を授かることができても、性病を放置しておくことで赤ちゃんに悪い影響を与えてしまったり、最悪の場合は死に至らしめたりする場合があります。そのような事態を防ぐためには、妊婦さんが受ける検診率を上げる必要があるでしょう。検診率が低ければ病気に気づくことができず、治療しないままになってしまう可能性が高いので、きちんと検診を受けることが大切です。

妊娠や出産に関わるとなると、女性が注意すべきことだと勘違いしてしまう人は少なくないのですが、これは男性も気をつけておかなければならないことだと言えます。女性が性病に気をつけていたとしても、男性が風俗などを利用して家庭に性病を持ち込んでしまえば、知らず知らずのうちにパートナーにうつしてしまうかもしれません。不妊症の原因も男性の無精子症などが理由である場合もあるので、一概に女性だけが気をつければ良いものだとは言えないのです。性感染症についての正しい知識をパートナーと共有しておくことが重要だと言えます。

妊娠前の男女や妊婦さんがクラミジアに感染すると、重い症状を引き起こしたり治療が長引くだけではなく、放置してしまうことによって子供を授かることができなくなったり、赤ちゃんが病気になってしまったり、最悪の場合は流産や死産となってしまったりするのです。こういった事態を防ぎたいのであれば、定期的に性病の検査を受けるなどしてパートナーも自分も性病に感染しないように努めることが大切だと言えます。中には奥さんが妊娠していることを理由に風俗で夜遊びする男性もいますが、そこで感染した病気を奥さんにうつしてしまい、最悪の状況を招いてしまうと信頼を失ってしまうどころか、非常に苦しい思いをすることになってしまうでしょう。妊娠したいと考えている段階や、子供を授かることができたあとは、女性だけではなく男性もきちんと性病でないかどうかの検査を受けるようにしてください。仮に性感染症にかかってしまったことが発覚した場合は、パートナーにうつさないように治療を進めたり、パートナーも感染していないか一緒に検査を受けたりする必要があると覚えておくと良いです。

関連記事
キスをしただけで感染すると噂の梅毒 2020年05月02日

有名な性感染症のひとつに梅毒がありますが、これは感染者の症状が出ている部分である病変部や血液、精液や膣分泌液中に原因菌が存在しています。そのため、コンドームを使用しないセックスやオーラルセックス、アナルセックスによって、病原菌が皮膚や粘膜の小さな傷から入り込んでしまうことでも感染してしまうのです。特...

ジスロマックのジェネリック、アジーでクラミジアを治そう 2020年02月06日

クラミジアを始めとするいくつかの性感染症には、マクロライド系のジスロマックがとても効きますが、このジスロマックにはジェネリック医薬品が存在しています。ジスロマックにはアジーと呼ばれるジェネリック医薬品があるので、費用を抑えたいなどの希望がある場合は、こちらの治療薬に切り替えるのも良いでしょう。アジー...

カンジダは薬を使わなくても自然に治るものですか? 2020年04月04日

カンジダは女性が感染しやすい性感染症のひとつですが、これは他の性病とは異なる特徴があります。多くの性感染症は病原菌や病原ウイルスを持っている感染者と避妊具なしでセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどを行うことによって感染しますが、カンジダの場合、原因菌はもともと身体に常在していてもおかしくな...

しつこく再発するヘルペスを治すならバルトレックスが最強 2020年02月21日

性感染症の中には、何度も何度も再発を繰り返すようなしつこい病気も存在しています。特にウイルス性の病気は再発する可能性が高いですが、ヘルペスウイルスが原因となって発症する性器ヘルペスや口唇ヘルペスも、とても再発しやすい性病のひとつだということができるでしょう。これらは、コンドームなしでのセックスやオー...

病院へ行かなくてもクラミジアの検査が可能? 2020年01月21日

性病に感染したかもしれないと思っても、病院に行きたくないと感じてしまう人は少なくありません。その理由は様々だと言えますが、恥ずかしいと感じている人は非常に多いと言えるでしょう。性感染症に感染するようなことをしたと思われることに対して羞恥心を抱く人もいれば、病院に通っていることを家族や知人に知られてし...