• ホーム
  • 咽頭クラミジアはキスからも感染するんです!

咽頭クラミジアはキスからも感染するんです!

病原体

咽頭クラミジアオーラルセックスによって感染するものだと思っている人が少なくありませんが、たしかにこれはオーラルセックスによって感染することが多い性病だと言えます。しかしながら、稀にディープキスによっても咽頭クラミジアに感染する場合があるのです。キスで性病に感染するという話を聞いたとしても、性器同士が触れ合うような性行為でなければ感染しないだろうと思ってしまう人は多いですが、それは間違いだと言えます。たとえキスであっても、場合によっては感染してしまうので、すでに咽頭クラミジアになっている人やパートナーが感染している人は特に注意しておかなければなりません。

クラミジアの潜伏期間は1週間から3週間ほどだと言われており、潜伏期間を経たとしても症状がハッキリと現れない場合もあります。そのようなときは感染している事実に気づくことができず、病気を感染させてしまう可能性が高いです。病気にかかっていることに気づかないままオーラルセックスやディープキスをしてしまうことで、クラミジアをうつしてしまうでしょう。また、これら以外の感染経路でも性病になる可能性があるので注意が必要です。

クラミジアは空気感染することは少ないと言えますが、まったく可能性がゼロであるとは言えません。感染者が盛んに咳をした後の空気を吸い込んでしまえば、感染してしまうことがないとは言えないのです。その一方で、直接飛沫を浴びた場合は、感染する確率が高くなるでしょう。感染経路は性行為やキスなどだけではないので、様々な感染理由を考慮して性感染症にならないように気をつけておかなければならないと言えます。

クラミジアは感染しても自覚症状が起こらないこともあるのです。男性は尿道にかゆみを覚えたり透明な膿が分泌されたりしますし、女性はおりものが増加したり不正出血が起こったりしますが、これらの症状は絶対に起こるものではないので、感染したという自覚症状がない場合もあります。咽頭に感染している場合は風邪のような症状が出ることもありますが、これはただの風邪と勘違いしてしまう人が多いです。このように感染したことに気づくことが難しい性病のひとつなので、些細なことであったとしても何か異変があった場合は医療機関を受診しなければならないでしょう。

咽頭クラミジアは直接性器を口に入れるようなオーラルセックスだけではなく、ディープキスによっても感染してしまうことがあります。唇同士を軽く触れ合わせるようなキスではほとんど感染する可能性がありませんが、舌と舌を絡め合うような激しいものになってしまうと病原菌を含んだ唾液を交換することになってしまい、感染の確率が一気に上がってしまうのです。空気感染は少ないですが、飛沫感染の可能性もあるので、自分が感染しているときや周囲に患者がいるときは注意が必要だと言えるでしょう。

クラミジアに感染しないようにするためには、その感染経路を正しく知ることによって、正しく予防する方法を考えることが大切です。コンドームを装着していても、ディープキスによってうつることもあるわけですから、すでに菌を保有していることがわかっているのであればキスをしないようにしたり、性病を持っているかもしれない疑いがあるような人とは性行為やキスをしないようにしたりすべきだと言えます。挿入にさえ気をつけておけば性病にはならないと思っている人もいるようですが、その認識は正しくありませんので、挿入以外でも感染する可能性があることを知っておきましょう。ディープキスでクラミジアに感染することを知らない人は多いので、パートナーと正しい知識を共有しておくと良いです。

関連記事
キスをしただけで感染すると噂の梅毒 2020年05月02日

有名な性感染症のひとつに梅毒がありますが、これは感染者の症状が出ている部分である病変部や血液、精液や膣分泌液中に原因菌が存在しています。そのため、コンドームを使用しないセックスやオーラルセックス、アナルセックスによって、病原菌が皮膚や粘膜の小さな傷から入り込んでしまうことでも感染してしまうのです。特...

ジスロマックのジェネリック、アジーでクラミジアを治そう 2020年02月06日

クラミジアを始めとするいくつかの性感染症には、マクロライド系のジスロマックがとても効きますが、このジスロマックにはジェネリック医薬品が存在しています。ジスロマックにはアジーと呼ばれるジェネリック医薬品があるので、費用を抑えたいなどの希望がある場合は、こちらの治療薬に切り替えるのも良いでしょう。アジー...

カンジダは薬を使わなくても自然に治るものですか? 2020年04月04日

カンジダは女性が感染しやすい性感染症のひとつですが、これは他の性病とは異なる特徴があります。多くの性感染症は病原菌や病原ウイルスを持っている感染者と避妊具なしでセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどを行うことによって感染しますが、カンジダの場合、原因菌はもともと身体に常在していてもおかしくな...

妊婦がクラミジアにかかると流産や死産の原因になる 2020年03月08日

クラミジアに感染したまま放置してしまうと重症化してしまうこともあり、性感染症は感染に気づいたらすぐに適切な治療を受けなければなりません。特に妊娠前の夫婦や妊婦さんが病気を患ったままになってしまうと、思いもよらなかった事態を招く可能性もあるので、放置することによって何が起きる可能性があるのか知っておか...

しつこく再発するヘルペスを治すならバルトレックスが最強 2020年02月21日

性感染症の中には、何度も何度も再発を繰り返すようなしつこい病気も存在しています。特にウイルス性の病気は再発する可能性が高いですが、ヘルペスウイルスが原因となって発症する性器ヘルペスや口唇ヘルペスも、とても再発しやすい性病のひとつだということができるでしょう。これらは、コンドームなしでのセックスやオー...